シドニー の 020-現地情報 【体験談「モットーは自分を信じること!」】


14haruka01.jpegHaruka Yoneda

「自分を信じて!!」をモットーに、毎日沢山のことに挑戦し、充実した日々を送られている遥さんにインタビュー。渡航前はシャイで人と話すのが苦手だったということですが、外国人と触れ合う機会を通じて、以前より積極的に会話や行動が出来るようになったそうです。また、Cambridge検定試験合格を目標にワーホリビザから学生ビザに切り替え、英語の勉強も頑張っているそうです。今後のご活躍が楽しみですね!





14haruka02.jpeg☁出発前は何をされていましたか?

大学生で中国語を専攻していました。英会話に通っていましたが会話程度でした。

☁なぜ海外に渡航しようと思ったのですか?

英語に携わる仕事がしたかったのと、中国語ではなく英語力を伸ばしたかったからです。


☁シドニーを選んだ理由は?

出発の一年前、タスマニアへ研修に行きました。(タスマニア大学と自分が在籍している大学が提携していた為)その帰りにシドニーに寄ったのですが、過ごしやすい場所だと感じたので、シドニーに留学しようと思いました。




14haruka03.jpeg☁海外生活を通して大変だったことはありますか?

コミュニケーションがうまく取れなかったり、カルチャーショックを受けたことです。ストレスが溜まった時は、いろいろな人に相談をして意見を聞いたり、慰めてもらったりしました。そうすることで「海外生活は楽しいだけではないということは、皆同じなんだな。」と感じ、辛くても頑張ろうと思えました。


☁学校での授業について教えて下さい。

学生ビザに変更し、ケンブリッジ試験対策【FCE】コースを受講しました。一般英語と違ってレベルが高く、宿題も多いので最初は追い付いていくのが大変です。しかしクラスメイトのモチベーションが高く、目指すゴールが同じため、皆とより親密な関係になれました。良い先生にも巡り合え、充実した時間を過ごすことができたと思っています。

☁アルバイトについて教えてください。

日本食レストランや、ローカルレストランで働きました。ローカルレストランの仕事はメキシカンレストランのキッチンハンドです。従業員のオーストラリア人が皆良い人ばかりで、とても勉強になりました。1日12時間というシフトの時もあり、忙しいときは休憩もまかない(食事)もなしで働き続けたこともあります。時間勝負なことや英語の壁もあって、辛い時もありました。




14haruka04.png☁海外生活で得たものはありましたか?

シャイで人と会話するのが苦手だったので、入国した当初は英語で会話をすることに多少の抵抗を感じました。現在は学校の授業で培ったスピーキング力で、英語を恐れずに話すことが出来るようになりました。また沢山の人々と出会い、現地の文化に触れることで、日本の素晴らしさに改めて気づきました。

☁今後のご予定は?

日本帰国後、就職活動を控えています。辛いこともあるとも思いますがシドニーでの経験を存分に活かして、頑張ります。


☁これから海外へ飛び立とうとしている方へメッセージをお願いします。

海外生活は楽しいことばかりではないけれど、「自分なら出来る!!」と信じて最後まで頑張ってください。



あなたも海外生活をおもいっきり楽しもう!
まずはラストリゾートのパンフレットで情報収集! 無料でお届けします!

この記事に関連するおすすめ記事


・2014年4月10日 18:19│体験談「英語漬けのワーホリ生活」

・2014年4月10日 16:23│体験談「モットーは自分を信じること!」

・2014年4月10日 10:59│カフェで働く!バリスタになる!

・2014年4月10日 09:47│初海外でファーム生活

・2014年4月 9日 13:21│高い英語力を身に付けよう!

・2014年4月 9日 12:30│珊瑚の産卵の秘密

・2014年4月 9日 11:17│Variety santa FUN RUN

・2014年4月 8日 19:14│人気ローカル店PieFaceで働く

・2014年4月 7日 18:44│ローカル野球チームで大活躍

・2014年4月 7日 13:14│似顔絵のお店を出店

オーストラリア現地情報

オーストラリア情報を購読

ラストリゾートで情報収集


資料請求
カウンセリング
海外生活セミナー
お問い合わせ
日曜・祝日もオープン フリーダイヤル 0120-999-555

メールマガジン登録