シドニー の 020-現地情報 【英語の資格を取得する!! 】





english_01.png


英語の資格を取得する!!



海外留学経験や日本での生活で、英語に身近に触れていた大河さん。
しかし、その英語力を証明するものがありませんでした。
シドニー入国後に知った英語教師養成コース、ケンブリッジ英語検定等の英語資格を得るため、
ワーキングホリデービザから学生ビザに変更され、短期間で様々な英語の勉強をし、
資格を取得されました。
今後は胸を張って英語力の証明が出来るととても感激されていました。
今後のご活躍が楽しみです。


english_2.jpg english02.jpg
english06.jpg Australian TESOL Training Centre (ATTC)
オーストラリアTESOL英語教師養成センターは1983年に創立されたNavitas English の英語教師養成コース部門です。
30年の伝統を誇る一流の英語教師養成センターで学ぶ授業内容は、知識と実践スキルをバランスよく組み合わせた構成です。


ATTC英語教師養成コース
Navitasでは児童英語講師(子供対象 4週)、Teenager向け講師(中学生対象 4週)、TESOL(成人対象 8週)と3つのコースが開講されていて他校では学ぶことの出来ない一貫教育を受けることが出来るのも大きなポイントです。

【3ステップ TESOL 16週コース】とは 児童英語教師養成コース、中学高校英語教師養成コースさらには英語教師養成コースの授業がセットとなったコースです。

step01.jpg












TESOLとは?
Teachers of English to Speakers of Other Language 英語が母国語でない学生の為の英語教師資格コースです。



english001.jpg

❖English for Teaching Children(児童英語教師養成)

Q.受講されたきっかけは?
A.英語講師への憧れがあったのと、日本で幼稚園で働いた経験があった
  ので、児童英語教師資格に興味があり、受講しました。

Q.クラスメイトは?(国籍や雰囲気など)
A.チェコやロシア、韓国人などです。日本人は自分を含め数人の小さめの
  クラスでした。生徒が子供役をしたりする実践もあるので、大変活気ある
  ものとなりました。

Q. コースの内容やコース中に行ったことを教えてください。
A.英語講師法における基本ともいえる児童英語教師養成コースです。自分たちが生徒役・児童役と交互に担当し、リラックスした楽しい気分で授業ができました。子供たちに向けた愉快な話を聞きました。児童がやるクラフト作りなども自分たちで制作し自分が講師だったらと想像しながら活動できました。実際に現地の小学校に見学し、児童と講師がどのように関わっているのかをリアルタイムで体感できました。




english_002.jpg

❖English for Teaching Teenagers(中学高校英語教師養成)

Q.受講されたきっかけは?
A.児童英語教師養成コース後、自分が高校時代経験した英語への苦手意識をなくすにはどうすればいいかを知りたく、受講しました。日本の学生たちがどのような英語が難しいと考えるかが理解できれば意欲が湧くと考えたのです。

Q.コースの内容やコース中に行ったことを教えてください。
A.生徒が1回ずつワームアップを担当して授業の最初に先生役をすることもありました。生徒たちが授業から脱線しないように、なぜワームアップやディベートなどが必要なのかを具体的に学ぶことができました。 授業では、指定された教材を元に自分でワークシートやアクティビティーの作成に力を入れました。 授業時間終了後も、別室で計画書(Teaching Plan)作りに熱を入れました。先生が10代の子供達の特徴やその問題点、良い点などを具体的にあげてくれました。10代の頃の自由さをもって受講できました。




english003.jpg

❖Certificate IV in TESOL(英語教師養成)

Q.受講されたきっかけは?
A.自分に出来ることをどんどん伸ばしたいと考え突き進みました。日本でも英語を学びたいと考える大人の方々に役に立てればと思い受講しました。

Q.クラスメイトは?(国籍や雰囲気など)
A.不安が大きくてもクラスメイトや先生方が励ましてくれました。自分もクラスと同じコースにいるため互いに教えあったりしました。児童英語教師養成コースからの延長だったため、小さ目のクラスとなりました。大人の方への授業を構成するためいつもより深刻な表情になりました。

Q.コースの内容やコース中に行ったことを教えてください。

TESOLではアクティビティー、授業の組み立て方、時間の使い方はもちろん文法や発音、語彙について学びました。発音の練習を先生と生徒共にやるのですが、英語圏ではない自分たちには特に難しかったです。クラスメイトを生徒として模擬レッスンを行うことがほとんどだったのですが、実際に本当の生徒さんを相手に授業を行うこともありました。

Q.受講してみていかがでしたか?
他のコースと違い、社会人相手に模擬のクラスを開くため、大きな責任を持つ必要がありました。不安が大きくてもクラスメイトや先生方が励ましてくれました。互いに教えあったりしたため協調性が成長したと思えました。自分で作ったワークシートが評判だったので、とてもやりがいがありました。



❖CAMBRIDGE 英語検定試験準備コース

Q.受講されたきっかけは?
A.帰国後の再就職の為に資格があればと思ったので。ケンブリッジは英検やTOEICと違い、生涯有効だと聞きとても大きなアドバンテージになると考えました。

Q. クラスメイトは?(国籍や雰囲気など)
A.日本人が一人もおらず、TESOLコースの倍ほどの人数が一つのクラスだったため圧巻でした。周りの生徒たちの英語レベルも一人前のものなっており、自分の英語力との差に驚きましたが、グループディスカッションによる意見交換を通して仲良くなりました。

Q.コースの内容やコース中に行ったことを教えてください。
A.ケンブリッジ検定合格に向けた対策。写真の描写法や、時間の使い方などを学びました。 ディスカッションの時間では自分のアイディアを周りに解説するものが多かったため、英語で自分を表現するような授業で、楽しめました。

Q. 受講してみていかがでしたか?
A.クラスで多国籍の友達と触れ合い、英語の伸びだけでなく、習慣や考え方の違い等も感じることができました。 英語力の伸びは日本で学ぶものより遥かにレベルが高いと実感できました。



english004.jpg

❖TOEIC強化コース

Q.受講されたきっかけは?
A.帰国前のスキルアップを目指して受講しました。

Q.クラスメイトは?(国籍や雰囲気など)
A.生徒も講師も日本人で、2週間という短い期間だったため、日本人が苦手としがちな英文法に焦点をあてていました。

Q.コースの内容やコース中に行ったことを教えてください。
A.海外の授業でよくあるディスカッションではなく、TOEICとは何なのかを学ぶ試験対策講座でした。社会生活の長い方の武器になるビジネス英語を学びました。マルチな先生と一緒に生活で使える面白い英語表現なども学びました。時間配分に悪戦苦闘でした!

Q.受講してみていかがでしたか?
A.2週間の短期コースでしたが、勉強をするほど確実に自分のレベルが上がるのを実感できました。 TOEICのスコアは日本だけでなく多くの国で評価の基準になっており、その難易度やテクニックを学ぶことができました。


《 受講を終えて... 》

english005.jpg Q.今後のご予定は?
A.現地で習得した教授法と英語力を活かし、英語教室の講師として働けるよう就職活動をする予定です。

Q.今後受講される会員様にアドバイスをお願いします。
A.多くの方が留学に不安があると思いますが、英語に自信のない方でも海外では多くのことに挑戦して下さい。 難しいと感じた時は「無理!」ではなく「これも勉強」「克服のために来た!」と気持ちを切り替えるとつまずくこともないと思います。 得意なことならどんどんレベルが伸びるよう頑張ってみてください。
あなたも海外生活をおもいっきり楽しもう!
まずはラストリゾートのパンフレットで情報収集! 無料でお届けします!

この記事に関連するおすすめ記事


・2015年5月 9日 16:31│【インターンシップ体験談】クルーズインターンシップに挑戦

・2015年5月 8日 11:38│世界観&視野が広がった私の海外生活

・2015年5月 7日 15:52│シドニーでお仕事!"バーテンダー"

・2015年5月 7日 12:11│英語の資格を取得する!!

・2015年4月22日 14:50│体験談-Beach Care Volunteer

・2015年4月22日 12:01│現地オフィス情報-カンバセーション・クラブ

・2015年4月 1日 15:39│【体験談】完全英語環境!ローカルでのお仕事!

・2015年3月18日 18:31│サンタになって街を駆け巡る!!!!

・2015年3月 4日 11:15│【体験談】ウミガメ保護ボランティア

・2015年2月26日 15:31│海外で極める!! 「ブラジリアン柔術」

オーストラリア現地情報

オーストラリア情報を購読

ラストリゾートで情報収集


資料請求
カウンセリング
海外生活セミナー
お問い合わせ
日曜・祝日もオープン フリーダイヤル 0120-999-555

メールマガジン登録